ソフトボールに必要な筋肉

ソフトボールに必要な筋肉について

ソフトボール,筋肉,メタルマッスルHMB

 

ソフトボールは投げる・打つ・走るなど身体全体を使う競技なので、身体の筋肉をバランスよく鍛えることがポイントです。

 

@投げる
投げるのに必要な筋肉は肩回りの筋肉だけではなくて下半身の筋肉も必要になります。下半身が弱いと踏ん張ることができずにしっかりとボールが投げることができません。筋トレに関しては方は筋肉もつける必要もありますが関節を鍛えることが重要です。

 

よくピッチャーが肩を痛めることがありますが関節が筋肉よりも弱いために起こるので、関節の安定性を高める筋トレを行いましょう。

 

A打つ
打つ動作に必要なのは上半身の筋力もそうですがスムーズに上半身に踏み込んが力を与えるために下半身の強化が必要です。よくに重要なのは体幹を鍛えることで、様々なボールに対してカラダとバットをコントロールすることが可能になります。

 

腰の回旋動作によって腰痛などを起こす可能性もありますが、体感を鍛えることで予防できます。

 

ソフトボールは上記を読んでわかるとおり下半身と体幹の強化が主に重要になってきます。しかし、トレーニングで一週間に一回全身を鍛えるのではなく、毎日違う部位を鍛えた方が身体の筋肉のバランスはよくなるので、筋トレは万遍なく行いましょう。

軟式野球のための筋力トレーニング

ソフトボール,筋肉,メタルマッスルHMB

 

野球で飛距離を出すには、手首がポイントになります。手首の柔らかさと可動域の広さと強さ重要で、鍛えるにはビジネスバッグを手首だけを使って持ち上げるだけです。肘や肩は固定して、手首の力だけを利用して持ちます。

 

バッティングで大切な事は、ボールを惹きつける事です。このためにはバッドスイングが速い事で、身体の回転でバッドスイングが出来ている事です。スイングは素振りで身に付けて、腰を回転させるとバッドが付いてきます。

 

ピッチャーは沢山投げるので、肘や肩を痛めやすいです。チューブトレーニングを行う事で、ドアに引っ掛けて様々な角度から引っ張るだけです。1日に2回等分散して行うと効果的で、場所を選ばずに出来るのでどこかに引っ掛けて肘や肩を鍛えられます。

 

この動作は日常生活では鍛える事が出来ないので、意識をして鍛えます。同時にストレッチを行って、可動域を広げます。これにより野球肘の予防になり、時間をかけて行うようにします。ストレッチを行う事で、毛細血管まで酸素を送る事が出来るようになるので筋肉のダメージのケアを素早く出来るようになります。

 

深呼吸をしながら行うと、効果が高まります。怪我を避けるためにも、ストレッチはとても重要です。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのメタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。