筋力トレーニングを行うタイミング

筋力トレーニングを行うタイミング

筋力トレーニング,タイミング,メタルマッスルHMB

 

空腹時に筋トレを行うと、エネルギーがない状態なので筋肉を分解してエネルギーを作り始めてしまいます。空腹時に筋トレをすると、筋肉を失ってしまうので避けるようにします。筋トレを行うタイミングは、食後2.3時間後が適しています。

 

食間は6時間あるので、その間に筋トレするのがベストです。朝は寝起きなので頭も身体も起きていないので、ハードな筋トレを行うと怪我に繋がります。冬は筋肉が冷えている状態なので、負荷をかけてしまうと怪我をしてしまいます。

 

冬に朝にやる場合は、必ず身体を温めてから行うようにします。寝る前は交感神経が働いていて寝付きが悪くなるので、寝る前に筋トレを行うのは良くないです。睡眠が浅いと成長ホルモンの分泌がされにくくなり、筋肉が成長する事を妨げてしまう事にもなってしまいます。

 

一番良いのは夕方で、15時過ぎから開始するのが良いです。理由としては十分動いた後の時間である事と、食事数時間経過しているからです。学生は丁度良い時間になり、学校が終わってから筋トレを行うとこの時間になります。

 

社会人だとこの時間に行うのは厳しいが、自分のライフスタイルに合わせて決めます。筋トレを行うのなら、効果を最大限に増やして少しでも楽に行いたいです。筋トレの時間帯だけで効果が変わるのなら、出来れば効果の高い時間帯に行って効率良くしたいですね。

食前に筋力トレーニングを行うメリット

筋力トレーニング,タイミング,メタルマッスルHMB

 

筋トレを糖分の血中濃度が高い時に行うと、そのまま糖分がエネルギー源として使われます。しかし糖分が枯渇している空腹時の運動エネルギーは貯蔵している脂肪から引っ張ってくる必要があるので、運動後に食事をする事で普段なら貯蔵へ向かう脂肪が栄養が疲れている筋肉の方に送らないといけなくなります。

 

摂取した栄養が余らずに、脂肪になりにくい食事が出来るようになります。この事から考えると、食事前に筋トレを行うのが効果的です。しかし少ないエネルギーによって身体を動かすので、エネルギー不足によって筋トレを行うので筋肉を分解してエネルギーを取り出します。

 

これにより細くなってしまうので、筋肉を作るたんぱく質等も不足しています。筋肉が成長しないので、効率が悪くなります。このため筋トレを行う前には小腹を満たしてから、行うようにします。タンパク質は筋肉を作る物質で、炭水化物は身体を動かすエネルギーになるので摂取します。

 

炭水化物は米やパンでは満腹になってしまいますが、お菓子では足りないです。そのために、果物等が1年中手に入り1.2個では満腹にならないので効果的です。タンパク質は卵や肉では食事になってしまい、穀物では吸収率が悪いのでプロテインなら手軽に摂れます。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのメタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。