筋力トレーニングの効果を最短で出す方法

筋力トレーニングの効果を最短で出す方法

筋力トレーニング,効果,最短,方法,メタルマッスルHMB

 

筋力トレーニングで効果を最短で出す方法は、筋トレBIG3を行う事です。筋トレBIG3とは、デッドリフトとスクワットとベンチプレスの3種類です。この3つを行うのに必要になる器具が、ダンベルです。ダンベルは軽い負荷で筋トレに取り組みたい人には、重宝します。

 

バーベルよりも可動域を広く自由に動かせるので、細部の筋肉まで刺激出来ます。メリットが多いがフォームが崩れやすい所があるので、正しいフォームを維持して出来るようになってから行うのがお勧めです。バーベルは筋トレBIG3のトレーニングメニューが全て使用されて、高負荷で筋肉へ集中的に刺激して筋肥大を促進してくれます。

 

バーベルは筋肥大のマストアイテムで、両手を固定して行うので筋トレ初心者でも扱いやすいです。トレーニングベルトはスクワットやデッドリフトをする時に使用して、副圧を高めて腰痛等を防ぐアイテムでもあります。

 

高負荷でトレーニングを行いたい時は、安全のためにトレーニングベルトを付けた状態で取り組むようにします。リストストラップはデッドリフトとベンチプレスで使用して、握力の負担を減らして握力以外の筋肉を限界まで鍛えるサポートをしてくれます。

 

手や腕の負担を軽減するために、ストラップは積極的に使用すると良いです。

筋力トレーニングを周1回で維持する

筋力トレーニング,効果,最短,方法,メタルマッスルHMB

 

筋トレは週2〜3回行うのが効果的と言われますが、週1回でも効果はあります。極限まで追い込む事が出来ると、筋肥大が可能になります。週1回の筋トレで筋肉を維持するには、週2から3回の筋トレをしていた時と同じ負荷と回数にします。

 

目標とする筋肉を作っていた時に行っていた筋トレと同じ負荷と回数を守るのは、今まで通り同じです。筋肉への刺激を同じレベルにする事が、週1回のトレーニングを維持するポイントです。このやり方をすると、週1回だけでも鍛える事は出来ます。

 

反対に1週間に2.3日行っていても、メリハリのない筋トレを行っていても効果は出ないです。メニューやプログラムをきちんと決めていないと、いくらやってもダラダラとしてしまい意味がないです。週1回でもメリハリを付けて、1日集中して行う方が効果的です。

 

短期的な硬貨は望めないが、長期的な目線で考えると身体に効果が現れてきます。約2.3年見ていれば理想の体型を手に入れる事が出来ます。スパンが長く感じるが、週3回行っている時も1回の時も続ける事は同じです。

 

どんなやり方でも、継続して行うのが大切です。筋トレを行う時は集中して、まじめに取り組む事で筋肉が鍛えられます。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのメタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。