運動量が多いときにはプロテインを

運動量が多いときにプロテインを

運動量,プロテイン,メタルマッスルHMB

 

基本的に筋肉をつけるときには運動をすることになるでしょう。つまりは筋肉トレーニングとかランニングなどになります。筋トレには有酸素運動と無酸素運動というのがあります。単純に筋肉のみをつけたいのであれば断然、無酸素運動をするのがお勧めできます。

 

これは要するにダンベルで運動をしたり、スクワット、腹筋などのトレーニングになります。有酸素運動というのは水泳とかランキングなどになります。なんとなくイメージができる人が多いでしょうが運動をしているときに息を何度も何度も吸ったり吐いたりするのかどうか、ということである程度区別できます。

 

さて、こうした運動なのですがその量に関わらず、キチンと鍛えている意識があるレベルならばプロテインを摂取しましょう。この程度の運動量のときにプロテインを飲む、ということが明確にライン引きされているわけではありませんから、自分の限界程度であると認識しているのであればプロテインは摂取する価値があると思ってよいでしょう。

 

運動量が多いときこそ、プロテインの効果が強く期待できるわけですが、その運動量はあまりにも低い時でもない限りは運動をしたら、プロテインは飲むことがお勧めできます。筋肉を作るのに、そして維持するのに必要なのです。

プロテインで血圧を下げる

運動量,プロテイン,メタルマッスルHMB

 

プロテインを沢山取ると、血圧を下げる効果があります。プロテインには傷んだ血液を修復する事と、硬くなった血管の弾力性を取り戻す事が出来るので血圧が下がるとされています。更にプロテインには、高血圧の原因でもある余分な塩分を排出してくれる効果があります。

 

これにより、高血圧の改善に役立ちます。中にはプロテインを飲だら血圧が上がった人もいるが、この場合はプロテインを飲んだ後に筋トレを行った事が原因です。また腎臓が悪い人は、プロテインを摂取する事で腎臓に負担がかかり血圧が上がる事もあります。

 

プロテインを飲んで筋トレを行う場合は、血圧を上げないためにウォーキング等の有酸素運動を取り入れるようにすると高血圧が防げます。有酸素運動は心拍機能が強くなり、血行を促進して動脈を柔らかく保つ効果があります。

 

筋トレを行った後に有酸素運動を行うと、高血圧の予防が出来ます。また筋トレの後の有酸素運動は脂肪を燃焼する効果もあるので、健康とダイエットの両方の効果を期待出来ます。しかし有酸素運動を行ってから筋トレを行っても効果は得られないので、行う順番は必ず守るようにします。

 

プロテインを折角飲んでいても、食事で塩分の多いものを食べていると意味がないので食事内容にも気を付けましょう。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのメタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。