筋肉トレーニング後の血尿

筋肉トレーニング後には血尿になりやすい

筋肉トレーニング,血尿,メタルマッスルHMB

 

筋トレ後には血尿になりやすく、それは珍しい事ではありません。しかし筋トレ後に血尿になる原因は、腎臓に直接衝撃が加わって組織が傷付いた事によります。筋トレでは直接腎臓に衝撃が加わる事はないので、血尿になるのは腎臓に対して長時間振動が加えられたために腎臓が損傷して起こります。

 

筋トレを行うと筋肉に血液が持っていかれ、こうなると腎臓に回ってくる血液の量が減ります。激しい筋トレを行うと、腎臓を通過する血液の量が4分の1にまで減るのが分かっています。更に筋トレを行うと、血管が収縮します。

 

特に腎臓の中の細い動脈が強く収縮する事で、ろ過の部分の内圧が高まります。内圧が高まるとろ過部分から外に流れ出てくる物質の量が高まります。この結果から、血尿や尿たんぱくが多く検出されるのです。

 

行軍性血色素尿症は長時間足の裏に力を加える筋トレを行うと、足の裏の血管の中で赤血球が壊れる溶結と言う現象が起きます。血管の中で赤血球が壊れると、赤血球の中にある酸素を運ぶ役割を担っているヘモグロビンが血液中に流れ出てしまいます。

 

ヘモグロビンが放出されると血液中にあるハプトグロビンが、ヘモグロビンと結びつくと結合して鉄分の回収と毒性抑制を行います。高度の溶血が起こるとハプトグロビンが枯渇してしまい、回収出来ないヘモグロビンが腎臓を通って排泄されるので尿が血尿になり、色が茶褐色になります。

筋肉トレーニングで通風を予防する

筋肉トレーニング,血尿,メタルマッスルHMB

 

筋トレを行うと筋肉の細胞が壊され、新しい筋肉に生まれ変わりながら修復して筋肉量を増やしていきます。古い筋肉の細胞を破壊する時に、プリン体も身体の中で形成されるので通風持ちの方は行ってはいけないです。

 

しかし少しの時間の筋トレであれば、体内のプリン体が増えて通風が悪化するのはないです。スポーツ選手の尿酸値が高いのは、激しい筋トレと長時間の運動量が原因です。通風持ちの人でも、短時間で身体に負担をかけない筋トレならば積極的に取れ入れると良いです。

 

通風を持った人が筋トレを行うと、脂肪を減らせて体重の増加を押さえる事が出来て体内細胞を減らす効果もあり結果としてプリン体を減らせます。1番行っていけない事は、ハードな筋トレを長時間行う事です。

 

1時間以上筋トレを行ってしまうと、尿酸値が急に上昇してしまう危険性があります。尿酸値が高い人の場合は、多くても30分程度の筋トレに休憩をこまめに入れて水分を取りながらゆっくりと行っていきます。尿酸値を高める原因として、乳酸があります。

 

身体がストレスを感じた時に、過剰な筋トレによって体内に溜まります。乳酸を増やさないようにした方が良く、筋トレの前にはクエン酸を摂取するのがお勧めです。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのメタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。