筋肉トレーニングの原則

筋肉トレーニングの原則

筋肉トレーニング,原則,メタルマッスルHMB

 

筋トレの原則には、超負荷があります。最初は10キロのダンベルを持ち上げた時に、きついと感じたとしても何回も行っているうちに慣れてきます。このまま10キロの負荷を与えていても、成長は止まってしまいます。

 

重さを大きくしたり回数を増やしたりする事で、筋肉に対して負荷を上げる事で筋肉が成長出来るようになります。漸新性の原則があり、超負荷でどんどん負荷を与えていると故障してしまいます。筋肉の状態に応じて、負荷を段階的に上げていく事が効果的です。

 

安全に筋トレを行うには、徐々に負荷を与えていく方が良いです。継続性の原則は、筋トレは辞めてしまうと筋肉が元に戻ってしまいます。継続しないと成長や維持が出来ないので、負荷を変えたり回数を増やしたりする事が出来なくても継続はしていくようにします。

 

可能な範囲で継続すると、筋肉の成長過程には大切です。全面性の原則は、バランス良く全身の筋肉を鍛える事です。左右のバランスが取れていないと、走ったり運動を行う時に推進力のバランスが取れなくなります。

 

大胸筋だけを鍛えても猫背になるので、背筋も鍛えるとバランスの取れた身体になりスタイルも良く見えるようになります。特異性の原則は、目的によって鍛える筋肉が異なるので筋トレ方法はベストなものを選びましょう。

筋肉トレーニングの種類

筋肉トレーニング,原則,メタルマッスルHMB

 

筋トレの種類の中には、自重トレーニングがあります。自重トレーニングは自分の体重を使って行うトレーニングで、道具を使わずに出来るので筋トレ初心者には行いやすいです。他のメリットには、自宅や公園で出来て道具がいらないので費用が安く済みます。

 

マシントレーニングは、ジムにあるマシンを使用して様々な部位を鍛える筋トレです。動きが限定されているので、鍛えたい部位を初心者でも鍛えられます。負荷を簡単に変更出来て、適した負荷で行えるので筋肥大が出来ます。

 

ジムで行うので、使い方を指導してもらう事が出来ます。簡単に筋トレが行えるので、初心者から上級者まで使えます。フリーウエイトは、主にダンベルやバーベルを使ったトレーニングの事です。上級者になる程フリーウエイトトレーニングを中心に行う人が増えて、自由が利くのでしっかりと筋肉に効かせる事が出来るフォームを覚えるのに苦労します。

 

しかしこれを乗り切る事で、筋肉に効かす事が出来るので最高に鍛えられます。特に筋トレのBIG3と言われるベンチプレスとスクワットとデッドリフトは、効果がとても高いです。初心者はBIG3だけを行っていると、全身の身体付きが変わってきます。

 

BIG3は可動域が広く、負荷が変更出来て適切な筋トレが行えます。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのメタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。